中古車リースについて

車を買うという場合には、今までは新車を買うか中古車を買うかくらいしか選択肢がありませんでしたが、価値観が多様化した現在では車を手に入れる方法にも様々な選択肢が用意されています。こうした方法の中に、中古車リースという契約の選択肢があります。通常、中古車を買うときにはローンを組んで車を手に入れることになります。このローンが終わればその車は自分のものとなります。

一方、中古車リースというのは、リース期間が終わっても、乗っていた車は自分のものにならないという契約になっています。リースというと、会社などが利用するものというイメージを持っている人たちも多くいますが、個人リースは人気となっています。

中古車リースのメリットについて

中古車リースのメリットはいくつもありますが、大きなメリットは費用に関することでしょう。車を購入するというのはお金がかかるものですから、ここを抑えることができるのは大きなメリットとなります。

例えば、中古車リースの場合、税金の関係や保険、車検などといったランニングコストは全てリース費用に含まれている契約になっていることがほとんどです。 車を持つ場合、毎年かかる税金といった費用がかさんできますので、この部分が最初から含まれているというのは助かるものです。また、残価を引いて価格の設定がされておりますので、自分の予算よりもワンランク上の車に乗ることができます。

 

さらに、自分が所有者ではないので、税金などの面倒な手続きも全て自分がやらなくていいのもメリットの一つです。万が一の事故対応なども全て任せることができます。

このように、費用と手続きの面で大きな節約を期待することができます。車を維持している場合、思わぬ出費がある時がありありますが、中古車リースの場合そういったことを心配する必要がありませんので、お金の計画を立てやすくなります。中古車を買うときには、中古車リースという選択肢を一度考えてみることがオススメです。

まずはお気軽にご相談ください

サービスに関するご質問・お見積り依頼は無料です 0120-380-250