中古車購入自社リースそれぞれのメリット

会社で使用する車をどのように調達するのか、頭を悩ませる企業経営者が多くいます。中古車購入で調達をするのか、それとも自社リースで調達するのか、双方にメリットやデメリットがあるため、どこに重きを置くかによって選ぶこととなります。

中古車購入のメリットは自社のものとして扱うことができるというものです。また、導入するのも割安ででき、お金をそこまでかけずに車を調達することができます。デメリットとしては、業者の在庫の中から中古車を選ぶ必要があるというのと、固定費として計上することになり、減価償却などを算出しないといけないというもの、そして、自動車の管理をしなければならないという点です。

特に3つめの自動車の管理が厄介で、取得時期がバラバラであれば、例えば車検の時期、自賠責保険の更新時期、自動車に関する税金の支払いなどが煩雑となり、管理するのが大変になります。導入こそ割安でできるものの、そこからの維持に関しては色々と厄介なことが多いのが中古車購入の場合です。

車両管理の問題はリース業者が行うことになります

自社リースであれば、車両管理の問題はリース業者が行うことになりますし、車検費用なども払わなくて済みます。もちろん、それらの費用はリース費用として徴収されるため、結果的に中古車購入よりお金がかかるというのがデメリットとなってしまいます。ただ、企業会計の面においてリースにすれば流動費の扱いとなり、バランスシートの悪化を防ぐことが可能です。

そして、実際にリースをしてもらえる車は新車、もしくはそれに近いものがほとんどでわざわざ中古車を買う必要もなくなります。中古車購入にも自社リースにもメリットデメリットがあり、それらを正しく把握しておくことが求められます。

まずはお気軽にご相談ください

サービスに関するご質問・お見積り依頼は無料です 0120-380-250