中古車の自社ローンについて

中古車を購入する際には、一括購入ではなくローンを組む場合がほとんどとされています。一方でオートローンの審査を受けることができずに中古車のローンを組むことができないために、結果的に車を購入することができないというケースもあります。上記のようなケースに対応するために、中古車を取り扱っている業者では自社ローンを組んで販売する方式をとっているところがあります。 自社ローンとは、購入者の信頼度を中古車の販売業者が判断し、分割払いでの支払いを可能とするものです。

通常のローンでは、中古車販売時にローン会社の審査を受け、購入者がその会社から融資を受けるかたちとなります。 一方で自社ローンは販売店が直接購入者に融資をするかたちを指し、販売会社の取引先となっている銀行から融資を受けて仕入れ資金の調達をおこなうため、資金力があり信頼のある会社のみが自社ローンのシステムを導入しているという特徴があります。

購入者の支払いの仕方はローン会社から融資を受けた場合とほぼ同じで、まず中古車販売会社からの信頼調査があり、審査が通った場合正式に車の販売取引へと移行します。 そして購入者は販売店に直接、分割支払いを行っていくという方式となっています。

自社ローン制度を設けている業者は多くありません。 それは、中古車の仕入れに多額の資金がかかるため、複数台を自社ローンで扱うにはそれなりの資金力が必要であり、同時に取引先の銀行から信頼を得ていなければ成り立たない制度であるためです。 そのため自社ローン制度を設けている販売業者は、それなりに資金力があり、また金融機関から信頼もされている安定した業者ということになり、中古車を購入するうえでのひとつの判断基準となることがあります。

一方、自社ローンという名目で、実際にはオートローンよりも借入が簡単なローン会社を紹介する仲介業者もありますが、このような方式は別物であり注意が必要とされています。

まずはお気軽にご相談ください

サービスに関するご質問・お見積り依頼は無料です 0120-380-250