金融ブラックになっても復活できる方法とは?

クレジットカードの利用や金融機関からの借入金が、予定通り返済できなくなると、信用情報機関にその記録が残ります。数日程度遅れた場合には遅延という扱いになり、多少傷は付くもののそれほど重大な事故ではありません。遅延の状態が解消されてから5年間は記録が残りますが、それだけで金融ブラックという扱いになることは稀です。

しかし、3ヶ月以上返済されない状態が続くと異動の記録が付くことになります。そうなると、金融ブラックとして扱う金融機関が多いです。金融ブラックになってしまうと、借入の申し込みをしたり、新規でクレジットカードを作ろうする場合に、審査に通らなくなるのが一般的です。年収額が比較的多い人や、勤続年数が長い人でも審査に落ちてしまうのです。住宅ローンを組むことも困難になるため、借入金の返済はなるべく遅れないようにしなければならないでしょう。特に、連続で滞納することは避けるのが賢明です。

そして、既に金融ブラックの状態になっている人も復活することができます。金融機関では審査の際に信用情報機関の記録を見ています。信用情報機関に記録されている異動の情報は一生残るわけではありません。遅延の情報と同じように、5年間経過すると、自動的に消える仕組みになっています。そのため、異動の状態が解消してから5年以上経った後なら、金融ブラックではなくなります。

逆にこのことは、5年間はクレジットカードを作ったり借入をしたりすることはできないということも意味します。その間は、かなり不便を強いられるでしょう。また、5年経過して金融ブラックではない状態になっても、その間のクレジットヒストリーがないため、借入などをするときの審査はやや厳しくなることがあります。そのため、復活できるとはいえ、金融ブラックには極力ならないようにすることが大切です。そのため借入金の返済を忘れないようにすることと、計画的に利用することが大事と言えます。

しかし、どうしても5年間待てない!という方は、弊社独自のノウハウで対応することが可能なこともあります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはお気軽にご相談ください

サービスに関するご質問・お見積り依頼は無料です 0120-380-250